車検を通して大事な愛車を整備【劣化や事故などの予防対策】

ミニカー

ガラスコーティングの重要性を知る

車の塗装は3層から4層の塗装がされていて、一番外側にクリア塗装が施されています。これによって車の艶が出ているわけですが、このクリア塗装の上にガラスコーティングすることで、さらに艶を出したり、酸化や傷から車の塗装を守ることができます。洗車の時も大抵は水をかけて、洗い流すだけで汚れが落ちるため、作業が楽になります。新潟など雪の多い地方では、ボディを融雪剤による酸化からも守ることができます。

カーナビがあれば初めて通る道でも安心

カーナビは、初めて通る道でも、目的地まで確実に案内してくれるので安心してドライブに集中することができます。最近はスマートフォンのカーナビアプリなどを利用する人も多くなっていますが、カーナビは、GPSと、ジャイロセンサー、車速センサーを搭載していて、車の位置を正確に表示してくれるため、信頼性が違います。

痛車などの個性的な車に注目しよう

痛車とは、車体に漫画やアニメなどのキャラクターやメーカーのロゴなどのステッカーをカッティングシートで作って貼ったり、塗装した車のことです。大阪でもよく見かけますが、周囲からの注目度は抜群です。車をカスタムする時には、道路交通法に沿った改造が必要になりますが、見ているだけでも楽しめる車と言えるでしょう。

愛車に乗り続けるために欠かせない車検

車検は新車の場合なら3年に1回、それからは2年ごとに1回受けることが義務付けられています。車検を受けていないと、厳しい罰則がありますし、車も整備されないままになってしまい、事故につながりかねませんので、必ず受ける必要があります。車検を受けたからといって、次の車検までの安全性が保障されているわけではないため、定期的な点検や整備も欠かすことができません。交野市でも、車検や車の整備をしてくれる自動車工場がたくさんあります。

車検点検を交野の工場に依頼

世代を問わず愛される人気の日産自動車・ベスト5

no.1

第5位 マーチ

第5位は、小型車のマーチです。現在販売されているマーチは4代目になりますが、代々のモデルで扱いやすいコンパクトなボディをまとい、大人4人が快適に過ごせる合理的なパッケージングを採用していることが特徴となっています。モデルチェンジの度に雰囲気が変わっていますが、幅広い世代から人気を集めてきました。

no.2

第4位 フェアレディZ

第4位は、スポーツカーとなるフェアレディZです。初代が発売されたのは、1969年になりますが、貴婦人を意味するその名にふさわしく、上品で流麗なデザインを現在まで一貫して採用しており、幅広い年代からの人気を獲得しています。

no.3

第3位 リーフ

第3位となるリーフは、日産が2010年から販売している電気自動車です。ガソリンがまったく必要のない本格的な電気自動車ですので、経済的ですし、排気ガスの問題もありません。2017年9月には、2代目にフルモデルチェンジし、さらに性能が向上しています。

no.4

第2位 ノート

現在が2代目となるノートは、日産のコンパクトカーですが、見かけからは想像できない室内空間のゆとりや、低燃費のエンジンなどが人気の理由となっています。2016年11月のマイナーチェンジで、「e-POWER」と呼ばれるパワーユニットが採用され、人気に拍車がかかりました。

no.5

第1位 スカイライン

第1位は、スカイラインになります。1957年から生産が開始され、その名は車に興味のない人でも知っているほど有名です。日産のスポーティな車のフラッグシップとして、モータースポーツなどでも長年に渡って活躍してきました。スカイラインの中でもGT-Rは有名ですが、現在ではスカイラインとは切り離されて、独立した車種となっています。

新潟で日産を買おう★

適した車のメンテナンス方法とは?

車のメンテナンスとして欠かせないものに定期的なオイル交換があります。車種によって、適切な交換サイクルや、オイルの種類も異なりますので、指定された方法を守ってオイル交換を行なうことが重要です。また、タイヤのチェックも定期的に行なう必要がありますが、特に駆動輪がすり減るのが早いために、定期的に前後でタイヤを入れ替えることによって、タイヤを長持ちさせることができるでしょう。

ガラスコーティングの疑問にお答え!

ガラスコーティングされた車の洗車方法は?

たっぷりの水で車全体を濡らしてから、その状態のまま、水を含ませたスポンジや柔らかいタオルを使って、なるべく優しく撫でるように塗装表面を洗います。最後にもう一度たっぷりの水で汚れを洗い流し、吸水性の良い布で水分を拭き取ります。

広告募集中